助成金申請

「知り合いの会社が助成金っていうのをもらったらしいのですが、
うちの会社も助成金もらえるのかな?」

 

上記のようなご質問をよくいただきます。
助成金の存在自体を知らない経営者又は助成金という名前ぐらいは知っているが、どういう制度なのかは知らないという経営者は意外に多くいらっしゃいます。
一方、助成金を積極的に活用し、自社の職場環境改善、従業員満足度の向上につなげている会社もございます。
雇用関連の助成金は、返済不要で、雇用の安定、職場の環境改善、仕事と家庭の両立支援、社員の能力向上等に活用できる、いわば企業を応援する制度です。
知らなかったではもったいない制度ですので、ご興味ある方は、助成金の専門家でもある社会保険労務士にご相談ください。

助成金とは

助成金(ここでは雇用関係の助成金)とは、国(厚生労働省)が定めた一定の条件(例えば、従業員の採用・雇用環境整備・社員の育成など)を満たすことで、もらえる返済不要のお金です。
労働者が働きやすい労働環境整備等を進める会社を国が応援する制度とも言えます。
助成金として支給されるお金の原資は、皆様がお支払いしている雇用保険料です。労働保険が成立していて、雇用保険料をしっかり支払っている会社であれば、助成金を申請する権利があります。
中小企業こそ、積極的に助成金を活用し事業の成長につなげていきましょう。

助成金のメリット

助成金のメリットとしては、先にも述べたように、まず借入金などと違って、返済しなくてよいという点です。
2つ目に、支給された助成金の使い道は特定されているわけではなく、自由という点です。会社が決めれば、設備投資資金に回してもいいし、社員への一時金などで使ってもよいわけです。
3つ目に、助成金は売上金ではなく雑収入として経理処理されますので、粗利扱いです。
例えば30万円の助成金や50万円の助成金など、企業にとっては大した金額ではないと考える経営者もいるかもしれませんが、30万円や50万円の粗利を出すには、いったいいくらの売り上げが必要でしょうか?
例えば、50万円の粗利を出すのに、御社の利益率が5パーセントだとしましょう。
売上金×5%=50万円ですから、1,000万円の売上が必要ということになります。そう考えますと、会社にとって非常に大きな数字であるといえますね。

助成金簡易診断

御社が申請できそうな助成金を無料でリストアップ。まずは一度無料診断を受けてみませんか?
御社の労務管理に関する基礎情報をA4サイズの簡単なアンケートにご記入していただくだけで、御社が受給可能性のある助成金をリストアップしてご報告いたします。

  • うちの会社も助成金もらえるのかな?
  • 今ってどんな助成金があるのかな?
  • 助成金っていくらくらいもらえるのかな?

など、助成金についてご検討中の企業様は、まずは一度、助成金簡易診断にお申込みいただければと思います。

 

PAGE TOP