経営の軸は「人」であり、労務管理は経営の最優先事項である

中小企業経営を取り巻く環境において、“人”の重要性は増すばかりです。
労働力人口の低下に伴う人材不足、有効求人倍率の上昇に伴う採用難など、今や労働力の確保は、中小企業経営の至上命題といえます。
しかし、その一方で、長時間労働や未払残業、不当解雇や雇止め、ハラスメントや過重労働に伴うメンタル疾患など、会社における人に関するトラブルも増加傾向に。
このようなことから、時代の要請として、働き方改革、同一労働同一賃金、長時間労働対策など、適正かつ働きやすい労働環境整備を求める動きが活発になっています。
中小企業にとって、安定した人材の確保、人材の定着及び成長が安定した事業経営をもたらすことは言うまでもありません。
それにはやはり、労働者が安心して働く事ができる労働環境整備の実現が不可欠です。
私ども至誠法務労務サポートは、労務管理の専門家たる社会保険労務士として、
事業経営の軸は「ヒト」であり、労務管理は中小企業経営の最優先事項であるをモットーに、
今後とも経営者様と二人三脚で、日進月歩の働き方改革、
より良い会社つくり及び会社の成長をご支援していきたいと考えております。

お試し顧問契約

お知らせ

  1. 平成30年度、社会保険の保険料率について
  2. 36(サブロク)協定をご存知ですか?
  3. 厚労省『モデル就業規則』が改定。
  4. 平成30年度福祉・介護職員処遇改善(特別)加算
  5. 年次有給休暇の取得率は49.4%で上昇
  6. 2018年、仕事始め

各種サービスのご案内

サービス一覧
PAGE TOP